2017.06.27

買い物中の事故71.2%が転倒事故!

介護事故

先日終了しました国会にて提案された

総務省とりまとめの資料

「平成28年度消費者政策の実施の状況」にて

 

買い物中の事故において、

約72%が転倒事故であることがわかりました。

 

 

 

 

特に特徴的なのは、

最も多い年齢層は60代です。

 

 

また年齢層が上がるにつれ、

治療期間が長いことのも特徴的です。

 

 

生活必需品を手に入れるためには、

買い物は重要です。

 

 

 

年齢層が高くケガをした場合、

生活範囲が限定されますので、

それが原因で認知症を発症することもあります。

 

こういった事故は

いつだれに起こるかわかりません。

 

『そのうち』ではなく、

『いまのうち』に老後の準備等しておきたいですね。

 

家財整理士では、

老後の準備に関する知識を身につけることが可能です。

 

ぜひ皆さんも私たちと一緒に学びませんか?

 

 

 

↓↓↓ 関連記事 ↓↓↓
・【深刻】死後4日以上経過し発見される高齢者は年間15,000人!

【深刻】死後4日以上経過し発見される高齢者は年間15,000人!

家財整理士の需要が急増中!

資格取得のメリット

関連記事