日本の高齢化に見える深刻な課題独居高齢者の増加

日本は高齢大国と言われていますが、その中でも深刻な課題となているのが、独居高齢者の増加です。
65歳以上の人のいる世帯は1978万世帯と言われ、「単独世帯」が435万世帯と20%以上が独居と言われています。
介護施設へ入所するにも引越しは一人は行うことはできません。
また、家の売却や相続に関しても専門知識が乏しい場合、適切に行うことができず、将来的に負の遺産として残ることになります。

相続が争族に 相続を争族にしないために

相続をきっかけに、身内でもめてしまい争族になるケースは決して少なくありません。
そうしないために大切なことは、家や土地、家財などの「モノ」の整理に加え、相続などの法的手続きなどの
「コト」の整理が必要になります。
しかし、モノやコトを整理するためにも各種法律を理解した上で行うことが必要になるため、
幅広い知識を有した方が必要となります。

家財整理士は広範囲の業務知識を持った専門家

家財整理士は、クライアントの悩みを引き出し、弁護士や司法書士、税理士などの士業の方々、
またお片付け業の専門家に業務を依頼するコーディネーターの役割を担います。
そのために、案件ごとに適切な専門家を選定することが必要になるため、
幅広い業務知識が必要になります。

弁護士、司法書士、お片付け業の専門家が創設した新しい資格一般社団法人日本お片付け協会認定資格「家財整理士」資格取得のメリット

専門家により作成されたテキスト、カリキュラムにより学習を進めることができるため、
イラストや事例も豊富で、具体的に学ぶことができます。
また弁護士、司法書士、お片付け業の専門家による一般社団法人日本お片付け協会の会合へ出席することで人脈を広げることもできます。

  • メリット1 認定証でお客様からの信頼度アップ

    専門的な学習をしたという認定証を発行することができ、業務に活かすことができます。

  • メリット2 士業やお片付け業とのネットワークを築ける

    一般社団法人日本お片付け協会の認定講座だから、士業やお片付け業の専門家との人脈を築くことができます。

  • メリット3 関連する諸団体から仕事依頼がもらえる

    士業やお片付け専門家等、諸団体から仕事依頼がもらえます。

受講資格は特にございません。どなたでもご受講頂けます。 a