資格取得者 満足度97%

face

S.Y 様

大阪府吹田市で司法書士を営んでいます。
以前は、法人設立登記や不動産登記などが受注内容の大半を占めていました。

 

しかし昨今は、相続・遺言の依頼が多く、その際に「ご自宅を売却したい」「家財の整理をしたい」がどこに頼めばいいかわからないといった相談が増えてきました。

 

受注→処理までのスマートさや、家財整理士のコーディネート力は、今後の司法書士にも必要と思い取得したところ、成約率が54%→72%に上昇したうえに、他業種との連携が強化出来たので、業績は1.3倍になりました。

本当に受講してよかったです。

 

face

Y.H 様

たくさんの学びができ、色々な知らない知識を学習することができました。

それについて多くの分野の方とコミュニケーションを取り、たくさんの情報を得ていきたいと思います。

自分の知らないことや初めてのことはなかなかできないと思いますが、がんばっていきたいです。

face

上河慎吾様

保険を通じて安心と感動を提供する行動の一つとして、お客様の“困った”を解決するために家財整理士はよい資格だと考えています。
いままではお客様の接点になると考えていなかった日常的な家財整理の課題をお手伝いすることはお客様づくりの面白い手法になると思います。

face

高野佑輔様

高齢社会へと社会が急激な変化に見舞われる中、お片付け事業に携わるものとして、見積もり時などのお客様への提案がスムースに運ぶ方法を探していました。
㈳日本お片付け協会の家財整理士資格の案内を目にしたとき、これだ!と思いました。この資格を身に付けると仕事の幅も広がり、信用を背景にしたビジネスチャンスも多くなると期待しています。

face

儀武和樹様

日本では超高齢社会が進み、独居老人の方々も増加しています。リサイクル・処分業に携わるものとして高齢者の方々がお元気なうちに、ご本人、ご家族の環境の変化に伴って発生する相続問題、処分の問題などを幅広くサポートしたいと考えていました。
そのため以前から片付けに関連する資格に興味を持っていました。
そんな時に日本お片付け協会が認定する「家財整理士」資格に出会いました。この資格は、特に高齢者の方にごあいさつする際に「家財整理士」資格を提示することで、より強い安心をご依頼者に提供できるものと考えています。

※受講者アンケートによる