2018.06.17

アレルギーに注意!

アレルギー対策

暑くてじめじめした梅雨のシーズンは、

家の中で害虫が増殖する時季です。

 

 

ダニなどが増殖すれば、

アレルギー症状を引き起こすこともあれば、

人を刺す恐れもあります。

 

 

家の中に最も多くいるダニは、ヒョウヒダニです。

 

 

▼ヒョウダニ

布団やカーペットに多くいて、人のふけやあかを餌にする。

布団の使用期間や管理状況にもよるが、

多くは一枚に数万匹いることもある

 

気温25度以上、湿度60~80%で最も繁殖します。

 

 

ヒョウダニは人を刺したりはしないが、

ふんや死骸、脱皮殻がアレルギーの原因になります。

 

 

小児ぜんそくアトピー性皮膚炎の原因にもなります。

 

 

また、ヒョウヒダニが増えると、

それを餌にするツメダニも増えます。

 

 

さらに、梅雨時期はカビを餌にするチャタテムシも、

畳の裏や壁の断熱材など、

カビが生えるところに発生しやすいです。

 

 

 

 

 

 

ではどう対策したら良いのかと言えば、

「家の中の湿度をなるべく下げる」ことが大切です。

 

 

湿度60%以下を目標に、

除湿機を使ったり、

天気が良い日に窓を開けてこもった空気を入れ替えたり、

湿度を下げることが大切です。

 

 

季節の変わり目になりますが、

体調を崩す方が多くなります。

 

対策をしっかりとって、

アレルギー対策や体調管理をしっかりしていきましょう。

 

 

また、高齢になると布団を干すのも大変

 

ここを家財整理士としてお手伝いすることもあります。

 

 

できないところをお手伝いして

安心して生活できる環境を作るお手伝いをしましょう。

 

 

※中日新聞 記事を一部参照

家財整理士の需要が急増中!

資格取得のメリット