2018.03.20

発泡酒がビールに!?

ビールと発泡酒酒税法改正

2018年より酒税法が改正となり、

ビールと発泡酒の定義が変わります。

 

 

 

 

【今まで】

 

▼ビール

 

「麦芽比率67%以上

 

原料は「麦芽、ホップ、水」に限定

 

 

▼発泡酒

 

「麦芽比率67%未満

 

香りづけに果実や香味料を使用可

 

 

【2018年4月以降】

 

▼ビール

 

「麦芽比率50%以上」

 

香りづけに一定の果実や香味料を使用可

 

 

▼発泡酒

 

「麦芽比率50%未満

 

香りづけに果実や香味料を使用可

 

 

 

 

この改定に伴い、
各社は様々な新商品を開発しています。

 

 

 

2018年に入り、
様々な制度改正が起こります。

 

 

例えば、

 

・扶養控除の見直し

 

・積み立てNISA

 

・休眠預金活用法の施行

 

などなど

 

 

たくさんの制度変更情報をキャッチし、

高齢者の方にわかりやすくお伝えするのも

家財整理士の役割です。

 

 

生活に関わる制度変更にもアンテナを張って、
高齢者を支えていきましょう。

 

家財整理士では

 

・家や土地、家具や車などの財産を整理する「モノ」

 

・相続や税金納付などの法的手続き「コト」

 

両方丸ごと解決するための知識を得ることができます。

 

 

 

皆さんも家財整理士養成講座で

 

幅広い知識を身に付けませんか??

家財整理士の需要が急増中!

資格取得のメリット