2017.05.13

【事例】賃貸マンションが悲惨な状況に・・・

認知症の症状が強く出てきたため、

介護施設に入ることになったAさん。

 

施設に入る前に自宅の片づけをしようと

Aさんのご家族がお部屋に入ると・・・、

ゴミ屋敷状態になっていました。

 

 

 

なんとか片付けをしましたが、

壁や床に傷や大きなシミができてしまっています。

 

 

 

大家さんにご相談すると、

 

『こんな状態だったら次の借り手が見つからないから、

 

Aさん負担でリフォームしてもらわないと困る』

 

と言われてしました。

 

 

大家さんが指定した会社で見積もりをとると、

想像以上に高額で困り果てました。

 

 

 

 

そこで、

ホームページで色々調べていると

家財整理士に出会ったので相談したら、

 

まず、相見積もりをとる企業を、

また非常に大家さんとの交渉が難しいのであればと弁護士

ご紹介頂きました。

 

すると、

リフォームの範囲を最小限に、

また金額も当初の1/2以下に押さえることができました。

 

 

 

 

専門的な知識を持っている家財整理士だからこそ、

ご提案できることがあります。

 

何かご相談があれば家財整理士にご相談ください。

 

 

また皆さんも家財整理士になって、

 

色々な方の不安を取り除きませんか??

 

 

 

↓↓↓ 関連記事 ↓↓↓

 

・受講生の声ページ

 

http://kazaiseirishi.com/voice/

 

家財整理士の需要が急増中!

資格取得のメリット

関連記事