2016.12.03

相続のことを誰に相談しますか?

【突然ですが、質問です。】

 

あなたが相続の手続きについて悩んだら、

 

誰に相談しますか?

 

 

・弁護士?

 

 

・司法書士?

 

 

・税理士?

 

 

・行政書士?

 

 

 

相続に関わる国家資格をお持ちの先生はたくさんいて、

それぞれ役割が異なるのはご存知でしょうか。

 

 

20161203%e3%80%80%e5%ae%b6%e8%b2%a1%e6%95%b4%e7%90%86%e5%a3%ab%e3%80%80%e7%9b%b8%e7%b6%9a%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%82%8f%e3%82%8b%e8%b3%87%e6%a0%bc

【家財整理士テキスト 39ページより抜粋】

 

 

20161203%e3%80%80%e5%ae%b6%e8%b2%a1%e6%95%b4%e7%90%86%e5%a3%ab%e3%83%86%e3%82%ad%e3%82%b9%e3%83%88

【家財整理士テキスト】

 

 

相続税には相続税法という法律があり、

それぞれの資格を持っている方には、

役割が表の通りに決まっています。

 

 

誰に相談するかは、

内容次第で専門家を選ぶ必要があります。

 

 

弁護士の先生は総合的にご相談にのって頂けますが、

一般の方からすると少し相談のハードルが高いかもしれません。

 

 

そこで、まずは家財整理士が相談にのり、

内容によって、弁護士や司法書士、税理士、行政書士など

色々な専門家につないでいけば相談者も安心できると思います。

 

 

20161203%e3%80%80%e5%ae%b6%e8%b2%a1%e6%95%b4%e7%90%86%e5%a3%ab%e3%80%80%e5%86%99%e7%9c%9f

 

 

専門家がどんな役割を担っているのか、

どんな業務範囲の仕事をしているのか、

知らないと紹介することもできません。

 

家財整理士ではそれぞれの資格について

詳しく勉強することができます。

 

私たちと一緒に家財整理士の勉強をしませんか?

 

 
 
 

 

↓↓↓ 関連記事 ↓↓↓
 

・【深刻】死後4日以上経過し発見される高齢者は年間15,000人!

 

【深刻】死後4日以上経過し発見される高齢者は年間15,000人!

http://kazaiseirishi.com/184/

 

家財整理士の需要が急増中!

資格取得のメリット

関連記事