2016.10.14

少子高齢化に対応したまちづくりが重点施策に!

国土交通省が8月末に発表した
2017年度予算の住宅関連で、
 
少子高齢化・人口減少に対応した
住まい・まちづくりなどが

重点施策に掲げられました。

 

 

20161014-%e5%ae%b6%e8%b2%a1%e6%95%b4%e7%90%86%e5%a3%ab%e3%80%80%e3%80%80%e7%a9%ba%e3%81%8d%e5%ae%b6%e5%af%be%e7%ad%96

 

 

これにより、民間住宅や空き家を活用した
新たな住宅セーフティネットの仕組みを構築し、

 
低所得高齢者向けの支援

行っていくことになります。

 

 

 

具体的には、
全国に820万戸ある

空き家・空き室

 
住宅確保要配慮者向け住宅として

登録すると、

 

バリアフリー改修費、家賃、保証料などの

補助が受けられる制度になる見込みです。

 

 

 

これが正式決定すれば、

 
空き家や空き室をお持ちのオーナーの方から
家財整理士に相談が入る

可能性があります。

 

 

 

家財整理士は、

 
ご相談内容に沿って

専門家をご紹介し、

一緒に解決していく

役割を担います。

 

 

 

国の制度にも沿った
ニーズの高い内容となっておりますので、
ご興味のある方はぜひお問合せください!

 

 

 

皆さんも家財整理士になって、
業務拡大、社会貢献を

行っていきませんか?

 
 
 

 
~ 『家財整理士合格セミナー』を開催 ~

《日時》 2016年11月8日(火)am10:00~pm17:30
《会場》 大阪弁護士会館510号
《参加費》 「家財整理士資格講座」

『家財整理士合格セミナー』の受講で34,400円(税込)

《定員》 20名

家財整理士の需要が急増中!

資格取得のメリット

関連記事